同じ診療科への転職と専門知識の必要性

給料を高くしたり、残業や夜勤をなくしたりして、より良い待遇で働きたいというのは看護師がよく考えることです。
その方法として一般的になってきたのが転職であり、今よりも良い待遇を得ることを目指して転職する人も増えてきました。

キャリアアップ志向が強い場合には特に好待遇を得られるようにと考えて、それまでと同じ診療科での勤務を希望します。
培ってきた現場経験や専門知識を生かして活躍できる即戦力の人材として認めてもらえると、好待遇を与えてくれる可能性が高いからです。
また、それまでのキャリアを生かして転職すると新しい職場での仕事に慣れやすいと考える人もいます。

しかし、同じ診療科に転職してみても、新しい現場で学ばなければならないことの多さに圧倒されてしまいがちです。
たとえ診療科が同じであっても、現場で行われている診察や治療には大きな違いがあり、訪れる患者層にも大差があるのが原因となっています。
患者層の違いは病院の性質から生じる場合もあれば、地域的な違いから起こる場合もあるため、特に注意しなければならない点です。

専門知識を新たにつけなければならないことも多く、ある程度歳を取ってから転職した看護師にとっては苦痛になってしまうことも珍しくありません。
職場選びの時点から同じような患者層が訪れる病院を選ぶのが最も賢明な対策でしょう。
それが難しいときには違いを予め調べて勉強しておくのが成功につながります。