医療と介護の間で転職する際の注意点

看護師が働く業界として医療と介護は最も重要な二つであり、職場としてもよく選ばれます。
病院やクリニック、老人保健施設や訪問看護ステーションなどの様々な職場があり、その規模も様々です。
現場によって行われている仕事にも大小の差があるため、転職をした際にはその違いに慣れていく大変さが必ず生じます。

特にそれが問題になりがちなのが医療と介護の業界をまたいだ転職で、働きやすさや給料水準の違いから決意する人も少なくありません。
しかし、業界内での転職を経験した人でも閉口するほどに苦労してしまうことがよくあり、それが原因で仕事が長続きしない場合もあります。
基本的に必要とされている看護スキルについてはそれほど大きな違いはありませんが、現場で働くために必要な専門知識に大きな差があることを理解しておきましょう。

医療現場ではその診療科に応じて医学知識も付ける必要があるのはよくわかることかもしれません。
しかし、介護の場合には高齢者に特化した幅広い医療知識と介護保険制度についての理解が求められることになります。
もともと医療現場でのみ働いてきた人は、高齢者に多い病気や怪我について勉強しなおさなければならなくなるでしょう。

看護師として医療に関わる部分を担当することになるのは必然であり、その責任者としての立場になることもよくあります。
専門知識の不足でろくに働けないという状況になってしまわないように、予め高齢者の医療について勉強する必要があるでしょう。